集中力をアップさせる5つの方法

集中力をアップさせる5つの方法

フリーランスにとって集中して仕事をする、すなわち生産性を上げるということはそのまま利益に直結するので大切なことです。

集中が続かない人に比べて、集中が続く人はその分作業が進むので、収益があがります。

私もフリーランスを十数年やっていますが、どうやったら生産性をあげられるかいつも考えてやってきました。

そのお蔭で10年前に比べて今はだいぶ集中力が上がって、生産性も上がったと思います。

ここでは私が試行錯誤して試した結果、集中力を上げることに成功した方法をご紹介させていただきます。

※2019年8月22日追記しました。

1. 1週間の計画をたてる

一番大事だと思うのは計画を立てることです。

まず日曜日か月曜日の朝に、その週でどこまで作業を終わらせたいかを書き出します。

大事なことはあまり無理なプランをたてないことです。

最初は簡単すぎるくらいの計画がいいと思います。

ダイエットなどでもそうですが、最初に無理な計画を立てると頓挫します。

最初に達成感を感じることが後につながるので、そこから徐々に作業量を増やしていけばいいと思います。

それから、その週の計画(目標)から逆算して1日づつどこまで作業をやればいいか計算します。

その計画に基づいて1日の仕事を始めると、意外いにすっと作業に入れます。

納期が短い作業がある場合でも、きちんと計画を立てることでなんとかこなすことができます。

何度も言いますが大事なのは、無理な計画を立てないことです。

2. 作業時間を区切る

闇雲に作業を続けるのはよくありません。

マラソンでもそうですが、最初から飛ばせば後半ばてます

常に同じリズムで作業することが大事です。

私の場合は50〜60分作業したら10分休憩する、というリズムにしてあります。

前日に飲みすぎたり、睡眠不足だったりで全くやる気がでないときは、そのサイクルを30分、5分としたり、ときには10分作業して5分休憩なんてときもあります。

でもやらないよりはマシなんです。

10分やって5分休むでも、やってるうちにスイッチが入ってきて、いつの間にか50分やれるようになってます。

3. 血糖値が急激にあがる食べ物を摂らない

これは集中して作業するだけではなく、体重を増やさないため、健康であるためにもかなり大事なことだと思います。

血糖値が急激に上がる食べ物とは、菓子パンやスナック菓子、白米や砂糖や炭酸飲料などです。

これらを摂取すると30分くらいで血糖値が急激に上がって、その後急激に下る「血糖値スパイク」という症状が発生します。

血糖値が平常時より下がると頭がぼーっとしたり手足が震えたり、まともに作業できる状態でなくなります。

そのためまた血糖値をあげるためにお菓子を食べたりや炭酸飲料を飲む、という悪循環に陥ってしまいます。

私がおすすめする食べ物は血糖値を緩やかに上げる炭水化物(玄米やオートミール、全粒粉のパンなど)もしくは完全無欠コーヒーです。

完全無欠コーヒーというのは「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本で紹介されている簡単に言うとバターコーヒーみたいなものです。

簡単にご説明しますが、これを飲むとどうなるかというと長時間集中して作業できるようになります。

基本的に人間は空腹のほうが集中力が上がるものですが、長いこと空腹だとエネルギー切れで集中が続かなくなります。

そのエネルギーをココナッツ由来のMCTオイルと、グラスフェッドバターという、牧草だけを食べて育った牛の牛乳から作ったバターを混ぜたコーヒーから摂取することで、長時間胃にものを入れないでもエネルギー切れを起こさずに済む状態を作るのが目的です。

実際これを飲むと何も食べずに長時間集中できる気がします。

森永のラムネを食べる

上記で血糖値が上がる食べ物を摂らないと書きましたが、最近森永のラムネは別格であることに気づきました。

なぜ森永のラムネなのかというと森永のラムネは90%がぶどう糖でできているらしく、ラムネを食べるとちょくに脳のエネルギーになるからです。

森永製菓 大粒ラムネ 41g×10袋
森永製菓 大粒ラムネ 41g×10袋

最近はこれなしでは仕事が出来ないくらい依存症になっています…。

ちょっと危険ですね。でもそこまで食べていないですが。

なんでもメガネメーカーのJinsでは社内のいたるところにこの森永のラムネが置いてあって社員は自由に食べられるそうです。

効果はすでに実証済みってことですね。

僕も以前はブドウ糖だけの結晶を食べたりしていましたが、どうも味が美味しくないので続きませんでした。でも森永のラムネなら味も美味しいし、コーラ味など味も色々あるようなので長く続けられそうです。

余談ですがお酒を飲んだあとにもこのラムネは効果があるらしく、ブドウ糖が肝臓のエネルギーになってアルコールの分解を早めてくれるそうです。

最強のアイテムですね。ぜひお試しください。

4. メールやSNSを見ない

私は集中力が切れてくると、作業中になぜかSNSを見たくなったり、Yahoo!のニュースを見たくなったりします。

その誘惑に負けて見てしまうと後が大変です。負の連鎖が起きてしまいます。

SNSを見る → 人の情報や広告からネットで情報を見てしまう → Amazonに行き着く → 買うものを探している

ということになっているからです。これで小1時間過ぎることもあります。

作業中はネットに接続しないくらいのことができると良いですが、仕事柄なかなかそうもいかないので、作業中は絶対見ないという意志が必要になってきます。

50分の作業後の10分の休憩中にも見ないほうがいいです。

下手をすると10分ではすまなくなるので…。

5. 充分な睡眠を取る

睡眠は本当に大事だと思います。

私は作業中にちょっとでも眠気を感じたら、ためらわずすぐ15分の仮眠をとります。

短い仮眠は「パワーナップ」とも呼ばれますが、本当にパワーの復活を感じます。

短い睡眠を取るのは、はじめは難しいかもしれませんが、はじめは眠れなくても15分机にうつ伏せになったり、横になったりするだけで効果はあると思います。

続けていればそのうち慣れて寝れるようになっているはずです。

またデザインなど右脳を使うような作業の場合、アイディアが浮かばないときなど眠くなくても横になって無理やり寝ると結構いいアイデアがひらめいたりするので、一度お試しください。

まとめ

他にも細かい事はいろいろありますが、基本はこの5つだと思います。

大事なのは人間は毎日同じではないので、集中できるときとできない時があるということを認識して、できないときでもある程度作業できるような技術を持っておくことだと思います。

DaiGoさんの「自分を操る集中力」も結構おすすめです!